゚+。REBORN-27♀。+゚

□NO.1アルコバレーノ!
1ページ/5ページ






「マモちゃんってさ、可愛いよね」





「……いきなりどうしたんだい?」






それは、唐突に。




珍しく他に誰もいないツナの部屋で、二人っきりでゲームをして遊んでいた時の事だった。


何の脈絡もなく突然言われた言葉に、マーモンは一瞬目を瞠った後訝しげにツナを見た。


「え、どうしたって言われても……だってマモちゃん可愛いんだもん」

「ムッ、それじゃあ答えになってないよ。あと、ベルみたいな口調で言わない」


別に、ベルさんのマネしたわけじゃなかったんだけど……。


少し不機嫌になったマーモンを見て、ツナは困った顔で苦笑する。


他の人(主に男)の話をすると不機嫌になるのは、アルコバレーノの赤ん坊達全員に共通することだ。

普段は子供らしい一面などあまり見せる事のない赤ん坊達(実際はツナより年上らしい)が、唯一その時は子供らしい嫉妬を見せる。


「アルコバレーノって個性豊かな子ばかりだけど、意外と共通点あるよね」

「ムムッ、それってどういう意味?」


笑いながらツナが言うと、リボーン達と一緒にされて更に不機嫌になったマーモンが膝の上によじ登って、ツナを見上げてきた。

本人は抗議のつもりでやった行動なのだろうが、ツナはまったく別の意味で思考を奪われていた。





むくれたぷにぷにほっぺ。





ツナの服を掴む、ちっちゃな手。





フードで隠れて見えないが、それでも可愛らしい上目遣い。






「…っ、…かわっ……!」


「……かわ?」


いきなりふるふると震えだしたツナに、マーモンは小首を傾げる。





……トドメの一撃。





「可愛いぃ――――!!vV」


「ムギャッ!?」


とうとう耐えきれなくなったツナが、ぎゅうぅぅっとマーモンを抱き締める。


子供好き、可愛い物好きなツナにとって、さっきのような仕草はもう反則的なものだったのだ。


リボーンやコロネロなど他のアルコバレーノだったら、素でこんな仕草など絶対にしない。

というか見せない。


「うあぁぁぁ、やっぱマモちゃんは可愛い! アルコちゃんはみんな可愛いけど、その中でも一番可愛いー!!」

「ちょっ、ツナ?」

「他のアルコちゃん達だったら絶対こんな仕草しないもん! うん! ていうか好きな飲み物がレモネードとかいう時点ですでに可愛いし! リボちゃんなんてエスプレッソなんだよ!? しかもブラック!」


マーモンの可愛さに暴走をして、マシンガントークになりだしたツナ。


余談だが、可愛さについて会話し始めた時に放っておかれたゲームは、すでにゲームオーバーと画面に表示されている。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ