-novels-

---


…そう、彼女は知らなかった。
知らなさすぎた。

いつもの景色、人々、世界。それが、音も立てず崩れていく…。信じていたその記憶は、偽りで塗り固められた器に過ぎず、崩壊の時を待っている…。


そして、その先には……

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ