天使のキャラ変事情

□prologue
1ページ/1ページ

【プロローグ】


WCも終わリ、年も明け、部活動も再開したころ。洛山のキャプテン赤司からキセキ獲得校+誠凛に合同合宿の誘いがあった。誘われた各校は二つ返事でその合宿をOKし、誘われたすべての学校が参加することとなった。全6校での合同合宿は「合同合宿」という名の「親睦会」に過ぎなかった。そんな合同合宿改め親睦会がいろいろな意味で疲れる親睦会になることをこの時はほとんどの人々が知るはずもなかった。

【合宿2週間前】
おまけ
※会話分のみ


笠「おーいみんな集まれ!!」

宮「どうしたんだ。ユキ」

笠「2週間後合同合宿があることはみんな知ってるな?」

今「合同合宿ゆうてもただの親睦会やろ?wwwwwwwwwwwwww」

笠「そうだ!そこで俺たちのキャラをすべてバラすぞ!」

全「よっしゃぁ!!」

福「やっと終わりか」

宮「長かったな」

実「ん。終わり。」

高「(今まで大変だった。疲れたよ。)」

氷「そうだね。カズ。やっと高火が帰ってくるぅぅぅぅ!!Fooooooooooooooo!!」

高「(タイガが起きる。静かにして。)」

氷「ごめんごめん」小声

笠「それだけだ。ドヤァ。おやすみ」

今「それだけのために集めたんかいなwwwwwwwwwwww」

全「おやすみー」

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ