+葬焉者の独白咄+






これは、


もしかしたら


絶対的に叶ったかもしれない


絶対的に叶わなかったかもしれない


いつの間にか終わっていて


いつの間にか始まっていて


いつからなんて思い出せない


まだ終わってないのかもしれないし


最初から終わってたかもしれないし


未だ始まってすらないのかもしれない







そんな、コイとアイの噺。







.

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ