Monochrome Lark

何者にも代えがたきこの白き思い
守るためならば
どんな色にも染まってみせよう

漆黒の闇でも、
血塗れた赤にでも

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ