short story

夢の通り道 君と見かけたら

すべての時間を 止めたまま

求めた指先 明日の香りほどいて

導くように 包み込む

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ