やはり彼女はひねくれていたのだ。

彼女は言った。

「僕はただ素直で特徴のないだけの、ただの地味キャラさ」

納得した。


だって、仲の良かった友達に裏切られたとき、ボロボロと泣いたのだから。 


(貴方はそんな彼女の第2591番目の理解者になってくれますか?)














しかし、僕は知ってしまった。

本当はまったく、微塵も、堪えてなどいなかったのに、泣く理由なんてなかったというのに

彼女は泣いていたんだ、と。


彼女は、ただ嫌だったのだ。

ありきたりに強がる≠サんな女の子として見られるのが。

流行っている、よくある主人公みたいな行動をするのが、嫌だった。

僕は思った。



―――――やはり彼女はひねくれていたのだ、と。


ブックマーク|教える




©フォレストページ