影色の書庫
どこまでもどこまでも

卑屈になろうとも
落ちぶれようとも
醜くなろうとも
悪劣であろうとも

どこまでもどこまでも

地べたを這いずり
この身のひとかけが消えるまで
ただついて来てくれる影に

恥じぬように、生きたい


[contents]

注意書き
更新履歴
書物(禁)
書物(影)
書物(美術)
書物(池袋)
雑談掲示板
郵便箱
参加中!
メカクシプロジェクト






目をつむれば 何が見える?


ブックマーク|教える
訪問者1837人目
最終更新日 2013/02/17




©フォレストページ