千本桜

□〜ドリランド物語〜
1ページ/3ページ





コンコン…



「姫、入りますよ」


「いいよ…」



ウォーレンスはシロマ姫のいる部屋にノックして入った



「食事の時間ですよ?」


「……うん」


「……姫、ですから…」


「…うん」


何度話しかけても短く返事をするだけで動こうとしない


よくみると、何かを作っているのか小刻みに手を動かしている


そっと覗き込むと、字が書いてある紙をおって紙飛行機を沢山作っていた


「…あの…何故、紙飛行機を?しかもそんなに沢山…」



「…全部飛ばすの…外に…」


そう言うと全部の紙飛行機を両手に抱えて大きな窓の前に立った

ウォーレンスもすぐに後を追ってずっと見ていた


「…ねぇ」


「はい?」



シロマは淋しそうに一つの紙飛行機を手に持った



「…紙飛行機っていう物語、知ってる?」



「いえ…知りませんけど…」



シロマは紙飛行機の物語について語り始めたーーー
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ