タナトスを暴く者

あらすじ: 医師を目指すベェルノーグはタナトスの医師と呼ばれるチェルーロと邂逅する。
幼き時の悔恨を抱え、チェルーロと共に死者の声に耳を傾け
死者が遺した最後の声を生者に届ける。
生と死の狭間を通して、様々な人間模様を物語られていく。

:内容の都合上、グロテスクな場面が出てきます。
また、この小説を初めて読む方は必ず注意書きに目を通してください。



表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ