友達ん家に泊まると大抵寝ない

夜の寺小屋に何者かが様子を窺いに現れた。

金色の鷹の様な瞳、その正体を確かめるべく銀時、桂、高杉の三人は
夜の裏山へと勇気をだしていざ向かう!

ちびっこ達の冒険、それから…


     (全三章)

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ