S.S.S.S.S

□ウソだよ
1ページ/1ページ




「ねーねー銀ちゃん、マリッペがね、すっごく面白いゲームがあるから一緒に遊ぼって言うんだけど、いいかな、いいよネ」

「あー」

「マリッペんちに行く途中に電気屋さんあるでショ?」

「あ?」

「この前、たっちゃんも連れて一緒に寄ったらね、セールしてたアル」

「…」

「たっちゃんが私に言うんだヨ、銀ちゃんに相談してみたらどうだい、って」

「…お前ね、俺も知ってる前提でいっつも話が進んでくけど、どこだよマリッペんち、誰だよ、たっちゃん」

「たっちゃんはマリッペの飼ってる犬だヨ」

犬かよ!なんで犬が、相談してみたらどうだい、なんて言うんだ」

「そう言った気がしたアル」

「どーでもいいや、行ってくれば」

「いいの?銀ちゃん、ありがとーごぜーます」

「…なにその手」

「だから面白いゲームだヨ」

「…やってくりゃイイじゃねーか」

「持ってなくちゃできないモン」

「やっぱりか」

「セールしてたんだヨ、安くなってるんだヨ、DS!」

「もう持ってんだろDS」

「チョコの空き箱で作ったモンで通信プレイなんてできないアル!」

「心で感じろ」

「無理ネ」

「ダイジョーブだ、おまえなら出来るさ」

「出来ないヨ」

「やってみなきゃ分かんねーだろホラ、でっきるっかなでっきるっかな、なでなでアハーン」

やんなくてもわかるわァ!!しかもなんかやらしいアル!」

「受信してんじゃねーか、脳を鍛えるオトナのDSトレーニング」

「鍛えてんのは脳みそじゃなくてオマエの妄想だろーが!!」

「うちにんなモン買う金はねーんだよ」

「だってみーんな持ってるんだヨ!持ってないのは私だけネ」

「みんなって誰だよ」

「だからマリッペとか〜…たっちゃんとか」

犬だろーが!まったくガキの言う“みんな”ってなァあてにならねーな」

「みんなと一緒に遊べないなんてカワイソーだと思わないアルか!」

「思わないね」

思えよ!

「大飯ぐらいをかかえて我が家の家計は火の車なんだよ、他所は他所、家は家。ココロに刻みつけろと言ったろ」

「でも」

「でももクソもねえ。欲しいモンがあんなら小遣いためて自分で買え」

「こづかいなんてくれたことないくせに!」

「そんなら給料ためて買やァいいだろ」

じゃあ給料くれよォォ!

だから金が無ェっていってんだろぉがァァァ!

「お願い〜」

「ダメなもんはダメだ」

「ナンだヨ!こんなに頼んでんのに!銀ちゃんは私の事カワイクないアルか!」

「あぁ別にカワイクもなんっともないね」

「かぞくじゃん…」

「ナニ言ってやがんだ、居候が」

「……」

「……」

「……」

「…チッ」

「……」

「……悪ぃ」

「…銀ちゃん?」

「…ウソだよ」

「買ってくれるアルかァァ!!」

「そっちじゃねえぇぇぇぇ!!」



「ヤッター!ありがとー銀ちゃん!!」

「そっちじゃねえって言ってんだろォォォ!コノヤロー!!」




*終*

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ