小説

□お返し
1ページ/4ページ




「…何度言ったらわかるんだ?

 これは、この公式使うって言ってんだろーが」


「…そうでした(汗)」



今は棗にテストに向けて勉強教えてもらってんねん。

いつもわからんねんけど、
今回の範囲は算数も理科もわからんねん。


これはさすがに…
って思って棗に教えてもらってんねんけど…。



「……棗さん?」


「ん?」


「その腰にまわってる手は何の役割を果たしてるん?」


「俺への褒美」


「この変態っ!!///」



さっきから変態の手がとまりません(泣)


最初は間違えたときに、軽く頭叩かれる程度やったはずやのに…

いつのまにか腰触られとるし!!



「ほら、集中してやんねーと終わんねー」


「その終わらん原因作ってるんは棗やろっ!//」


そうは言いつつ、
ホンマに終わらんからしぶしぶ鉛筆を持ち直す。




カリカリカリ




………うーん。




「どした?手、止まってる」


「………///」



ちょっとだけ頬ふくらませて棗を睨んだけど、
棗は意地悪く笑うだけで。


そのまま睨んだまま手を動かそうとせーへんウチに、
棗はしぶしぶ、って感じで手を離す。



「…しゃーねーな」



…長いこと感じてた温もりが急になくなって、
ちょっと寂しいって思ったことなんか絶対棗に言ったらへん!



「蜜柑」



そんなこと思ってたら、急にウチの名前呼ぶから。



「なに?」


「ちょっと復習。

 746÷9は?」


「…え?」


「復習だって言ってんだろ。ちょっとやってみろ」



苦手な三ケタの筆算を、ぶつぶつ言いながら解いていく。



「えーっと…
 
 9×8が72やから、8かいて…
 74-72して、2。
 その2と…」



やること数分。



「できたっ!答えは82あまり6やなっ」


やっと解けたー!
っていう快感にひたっとったのに、


「違う」


っていう棗の声に現実に引き戻される。


「…え、どこが?」


「最後だよ。
 
 26から18引いて何で6になるんだ」


「…ほんまや」




.
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ