小説

□"帰る場所"に
1ページ/5ページ




身体の熱があがると同時に、
心もアイツを求めて熱くなる。


胸のあたりが急に、

苦しくなって、
切なくなって、、

"きゅぅ"としめつけてくる。



足りない。




全然。








【"帰る場所"に】






=連絡=

・18:00作戦開始

・敵は二十名、武器は包丁やナイフなどの近距離戦に有利なもの

・アリス保持者 二名
 テレポート、フェロモンのアリス


迅速に、できるだけ穏便に任務を遂行しろ

作戦通りいけば21:00には終わるだろう

君たちの成功を祈る


以上










「…アイツら手こずらせやがって」



任務前に見た連絡の紙を見、
書いていることとの違いに思わず舌打ちする。


任務が終わって、今は夜の10時半をまわろうとしている。


連絡ミスが多くて、
人数も十人は多かったし、
アリス保持者は三名、アリスはやっかいな結界のアリス。
それに加え、武器も銃やらなにやら揃えてやがった。


おかげでいらないケガも負った。



「…っ……くそっ」



任務中、間一髪でよけた銃弾は、俺の左腕をかすめた。


血は止まったが、いまだにズキズキと痛むことにもまたイライラが募る。


身体を引きずるようにしながら寮へ着いた俺は、
知らぬ間にある一室を見つめていて。



「今日はめずらしく電気ついてやがる…」



アイツの…

蜜柑の部屋の明かりがまだ付いていることに気づき、
俺の中でなにやらうずき始める。


こんな姿で行ったらアイツのことだ、大騒ぎするに違いない。


あまりにそのイメージが現実味をおびていて、思わず口角を上げた。









次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ