小説

□噛みしめて
1ページ/3ページ


ガサガサガサ


「も-どこ行ったん?」


右手に箒、左手に塵取り、腰にごみ袋、
…と、全身に掃除の装備をした蜜柑が、
何やら探して歩き回っている。


朝から休みなしで追いかけ、
今はもう夕方になろうとしている。

いい加減に蜜柑の体力や気力は限界にきていた。

が、それでも探す。


「あっ、おった!!」


そんな蜜柑の根気が伝わったのだろうか、
"それ"が姿を表した。

目をキラキラさせて、
小走りでそれを追いかける蜜柑。

それに夢中になりすぎて周りが見えなくなり、
足元に這っていた木の根につまずいて、転んだ。


「きゃっ」


"どーん" "バキッ" "ずりっ"


「…いたい(泣)」


転んだせいでそれは見失うし、
勢いでそのまま転がったら何やら広がったとこにでた。

そこには。
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ