R2


 始まりには、必ず終わりがあって
誰しもが必ず終焉を持っている

 その終焉を強制的に早めるのが
仕事なのだけれども…

 こう思うのは
至極勝手すぎることだろうか…

 多分きっと本当は
誰よりも切望しているんだ

 ―――生を。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ