【 ポラリスを君と 】



定められたものなんて認めない。

運命なんて変えてやる、未来なんて変えてやる。 

望む明日を築く為、我々には、運命を変えるチカラがあるのだから…。

コレは―…希望の子とバンパイアが紡ぎ出す、たった1つの“怪奇小説”…。

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ