招き猫(管理人)の小説

ある私立中学に通う主人公、淳は毎日の日課の昼寝をしていた。心地よい気持ちでいたが、教務室に呼び出されてしまった。
そこで淳は宝石を渡される。意味が分からぬまま夜になり、淳が床に付くと……

表紙を開く

解説を読む

作者に感想を送る

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ