雑多

□罪の行方
1ページ/1ページ

月明かりの美しい夜の森。

双子が手をつなぎ、語りあいながら立ち尽くしている。


弟が訊ねる。

「この音は何? 鳥の・・・歌?」

姉が答える。

「ちがうわ それは森の鳴き声」


弟は訊ねる。

「なら今輝いているのは・・・月の光?」

姉は答える。

「いいえそれもちがう 燃える炎よ」


―――かつて「母さん」と呼んだ森の「魔女」は
 「罪」を残し灰になった―――


いつもはもう少し静かなハズの森
月明かりか炎の光か 美しい金髪を輝かせて

双子は、言った。

「残された「始まりの罪」は 僕らの手で分けようね・・・」



「色欲」は 花
「悪食」は 種
「傲慢」は 石
「嫉妬」は 泉
「怠惰」は 風
「強欲」は 土

そして    「憤怒」は

     森

舞い上がれ七つの罪
偽りの母から 生まれた穢れ

回れ廻れ世界よ
この悪しき大罪 清めてよ―――・・・



炎は燃える。
「我が家」と呼び慣れ親しんだ家を焼きつくしていく。

「―――行こっか
「本当の」母さんと父さんの所へ・・・・・・」
双子の1人が笑みを浮かべながら言った。だがそれがどちらなのか、もうわからない。


―――るりら・・・るりら・・・

双子は背を向け、歌いながら歩きだす

るりら・・・るりら・・・

お互い手を離さず、ゆっくりとした歩調で

るりら・・・るりら・・・

その心は何を思っているのか、何も考えていないのか

るりら・・・るりら・・・

月明かりも炎の光も届かない、深い闇へ消えていった

End

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ