*曲小説*

リン「こんにちは!マスター♪」

レン「ここにはリンと俺の曲を小説化したものがおいてあるんだぜ!」

ミクルカ「わたしたちを忘れてない?」

MEIKO「まぁ、管理人は鏡音が好きだから…」

KAITO「でもたまに登場するかもです!」

リン「でも、何はともあれ」

レン「楽しんでくれよな♪」

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ