リボーンBL小説

□ナイフは切るために生まれたもの?
1ページ/2ページ


「せんぱーい。」


「なんだよ。」



「いい加減痛いですー

さっきっからグサグサグサグサ・・


やめてっていってるの聞こえないんですかー」


感情のこもっていない声はベルをますます怒らせるばかりで・・・

「うっせーカエル。王子はいま機嫌悪いんだよ。
ナイフの一発や二発我慢しろよ」


「一発や二発だったら我慢してますよー。
先輩なら数えられるでしょ、ミーの背中に刺さったナイフの本数ー。」

ベルの目線に入ったのはフランの首につけられた無数の口痕。

先日自分が付けたんだから恥ずかしいのも無理もない。


「う、うっせー!だから今機嫌わりーって言ってんだろ!」


「・・・本当はミーのこと好きなくせに。」

小声で呟いたのに対して・・

「はぁ!?好きじゃねーよ!!!」


「へえー先輩、あんなに小声で言ったのに聞こえるなんて地獄耳ですねー。」


「お前の声は聞き取りやすいんだよ!」

「そうですかー。だったら、これ付けられた時にミーが言った事覚えてますー?」


「え・・と・・・

『好きです、一生先輩のことを愛します』だったっけ__?」


「うっわ、何そんな恥ずかしいセリフ言っちゃってるんですかー?

何かミーが恥ずかしいんですけどー。」



「俺のほうが恥ずかしいっつーの!!!

てか言わすなよ!・・ニヤニヤしやがって!」


ぐさっ


「ああもう痛いですってばー。でも素直な先輩もかわいいですよー。」


「かっ//かわいいって///お、王子をからかうんじゃねー!!!」

ぐっさー(棒読み)×3


「いったー、何で10本同時に投げてくるんですかー。ていうか顔真っ赤ですー、

ぁ、もしかして照れ隠しですかー?

本当に大人気ないですよねー、先輩って。」


「なんで俺が勝手に照れてる設定にされてんだよ!!」

「だって本当に照れてるでしょう?」


「何か言い方がテメーの師匠に似ててムカつくんだよ!」


「あららー、嫉妬ですかー。先輩もうミーの師匠としての威厳が保てないですねー。」



ぐっさーああああー(棒読み)×2


「そっ、そんなに激しくしたら、ミーイっちゃいますーっ!!」


「読者が誤解するような感じやめろ!あと逝くの間違いだろ!!」


「先輩が何かとナイフ投げてくるからでーす。

でも・・・・」


そこでフランの言葉が詰まった。


「でも、なんだよ。」


「やっぱりやめときますー。なんかこれ以上言ったらミーが殺されるんでー。」


「はぁ?ワケ分かんねー奴。」


でも・・・の言葉の続きは・・



ナイフは先輩にとって愛情表現をするためのものですよねー・・と。


でも、その先を言ったらきっとミーにナイフを投げてくれることがなくなるだろう、

そうおもって言うのはやめにした。

だって先輩がミーにナイフを投げてくれないなんてなんか寂しいし。


ずっと愛してるよ、先輩。



→あとがき
次へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ