リボーンBL小説

□イケナイ出来事
2ページ/6ページ

「ツナ、報告だ」

いきなりの事で驚くツナ。

「リ、リボーン!!」

「、、ツナ、いきなりですまねぇが、

 大事な報告なんだ。」



何?

ツナの感といったらそれはそれは良いもので。
用件が雲雀の事なんて薄々気付いていた。


「最近、雲雀のこと見かけねぇだろ?

 お前が心配してるから、

 俺がこの3ヶ月間調べてやったんだ」


「そっ、そうなんだ。ありがとう

で、雲雀さんは、、」



聞くのが怖かった。



たまにしか感情を表さないリボーンでさえ
どこか悲しそうな表情をしていたからだ。


そんなツナのことを想って
雲雀がどんな状況に置かれているのか、
リボーンから話し始めたのだった。


「ツナ、今から話すことはファミリーの誰にも言うんじゃねぇ。

もちろんファミリーじゃなくてもだ。」


「、、うん。」



「雲雀は、、

 







   死んだんだ。」










「___へ?」

  

今、、なんて___?



死 ん だ ?



「なっ、、なんで?」
目を大きく見開き頭の中で情報整理をするツナ。


「お前も気づいてただろ?

 最近雲雀の姿が見えないことも

ずっと連絡がとれないことだって」


「っっでもっ、雲雀さんはそんな簡単に死ぬような人じゃ―――」


認めたくなかった。

自分の大切な人がこの世を去ってしまっているなんて。


そのことに気付いたときにはもういないなんて__


「お前にとっては辛ぇ話だっただろうが、
ボスのお前にも伝えておかなくちゃならねーことだったんだ。

、、、報告はそれだけだ、じゃぁな。」


バタンと扉が閉まり静まり返る部屋、



証拠は?とか、本当に?とか、
リボーンに疑いの言葉をかけてやろうと思った。

でもリボーンはそんな頻繁に__
しかもこんな重い嘘なんかつくような奴じゃない。

それはツナにだって分かっていた。

それに本当?って聞いたとしても、

『あぁ、本当だ。』って言われたら、悲しみが今よりずっと膨らんでいくんじゃないかって思った。



「、、ねえ、神様・・・


 俺、なんか悪いことでもしたのかな――?」


今まで必死にこらえていた涙ももう我慢の限界だった。


ツナは止まらない涙のせいでぐしょぐしょになったシーツを強く掴み、
泣きつかれていつのまにか眠りについてしまった。
次へ
前へ

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ