犬タロの作文

□恋の始まり
1ページ/1ページ

他人なんか、絶対に好きにならない。
なりたくない。
誰かを想って生きるなんて、…辛いだけなんだ。

そう、ずっとずっと思っていた。
なのに、なのに。



「好きだよ」

にこにこ笑っている目の前の人物にボクは眉をしかめた。
「何、その顔」
不満そうなそいつに、ボクは更に嫌な顔を作る。

「…好きなんだってば」

むすっとした顔で言う彼。
同じようなむすっとした顔で彼を見つめるボク。

「好きがわからないんじゃなかったの?」

そうだ、彼は確かにそう言った。

好きがわからない。
人を好きになるって何?

そう言ったのだ、彼は。
なのに、今こいつは何を言っているんだ。

「わかったんだ。好きって何か」
「は?」

目を瞬かせたボクに、彼は目を細めた。

「君を想うと心臓が痛くなる。呼吸が苦しくなる。君が誰かと話してると、そいつを殺してやりたくなる。君が笑うと僕までなんだかふわふわした気持ちになる」
「………」
「これ、好きってことだろう?」

まるで答え合わせでもするかのように、
まるで単純な質問に答えるかのように、
柔らかな口調で尋ねてくる彼にボクの心臓が少しだけ跳ねた。

「僕は、シンジ君が好き」

ふざけるな。
ボクは君なんて嫌いだ。

言いたい言葉は、喉のすぐそこまで出掛っているのに声になってはくれない。

「…君は、僕が好き?」

嫌いだよ。
大嫌いだ。
君なんて、本当に嫌いなんだ。

なのに…声が出ない。
心臓がうるさい。
呼吸が荒れる。

なんで、なんで、なんで?

ボクは…

「シンジ君」

呼ばれて、不意に顔を上げた瞬間しまったと思った。
彼の赤い瞳がボクを映していた。

出会った頃の、あの冷たい赤じゃない。
出会った頃の、あの恐ろしい赤じゃない。

「好きだよ」

優しくて、穏やかな…紅…。

嫌だ。
嫌だ。

落ちたくない。
人を好きになんかなりたくない。

所詮一人になるだけなのに。
所詮全て無くすのに。

「君が好き」

お願いだから…
ボクをもう、惑わさないで。


恋なんて…、
したくないんだ……―――

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]






カスタマイズ


©フォレストページ