Truth - artificial word & real voice -



舞台は未来。滅亡へのカウントダウンが静かに進む中、秘密裏に行われていた計画。
最後の瞬間、死を約束された少女は優しく笑った。

「この世界に君がいるというのなら、世界を救うというのもそう悪くはない」

世界は優しくなんかない。でも、この出会いにはきっと意味があったって思いたい。


 

表紙を開く

解説を読む

[TOPへ]
[カスタマイズ]





カスタマイズ


©フォレストページ