バルカローレ ―水平線の狭間の物語―

□ポルトラーノ編
1ページ/60ページ


ポルトラーノ編 目次

P2 集った所で改めて

ギルド船パーピュア
P3 手始めの目的地
P4 ちょっぴり帰宅
P5 苦情を言っても良いレベル
P6 ルートの途中
P7 嘘だと言って!
P8 手にした石
P9 静かなる追跡者

P10 休んで、先へ

学術船アジュール
P11 変な慣習
P12 埋もれていたもの
P13 乗り込んだ先は
P14 鉢合わせ
P15 急く気持ち、悩む気持ち
P16 地図の中心地

P17 地上と空とをつなぐ橋

エルフの里ヴァート
P18 知らない世界
P19 意義ある情報、ただし交換条件付き
P20 機嫌垂直落下
P21 肝心なことは、簡単なこと
P22 トラブルは飛び込んでくるもの
P23 野放図な住人たち
P24 小さな笛と道標
P25 別陣営の刺客
P26 雲の下で一息

P27 緊張走る船上
P28 うん、おいしい

王国船オーア
P29 異文化の考え
P30 謁見の間で
P31 デマを成敗!
P32 行く道の先には
P33 励ましと隠し事
P34 止まった手と止めた声
P35 得るべきラルムはあと一つ

P36 次の目的地の前に
P37 逃げる間もなく

海底洞窟
P38 暗い場所、そこは海底洞窟
P39 つい助けるのが人情というもの
P40 乗り越えたい
P41 一時休戦ということで
P42 出口を見出す

P43 進む仲間は変わらずに

闘技船ギュールズ
P44 賑やかな歓待
P45 いざ行かん、闘技場!
P46 うまく言えないわだかまり
P47 陸路を行く
P48 空虚な景色の中
P49 獲得ラルムの最終報告書
P50 夜と仲間と再会の約束
P51 口にしたのは酒と昔話
P52 静かな闇夜に笑う者たち

P53 力強い見送りの声
P54 得られた仲間と最後の旅路


天の梯子ビフレスト
P55 じりじりと待つ
P56 終の王命
P57 為政者は冷酷に笑う
P58 裏切りと逃走

P59 海と空を見守る者


P60 ポルトラーノ編あとがき



2014.08.16〜2015.10.03
次へ  

[戻る]
[TOPへ]

[しおり]

毎日ブログ更新するのって意外と大変です。




カスタマイズ


©フォレストページ